さくらうた

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年のさくらうた

<<   作成日時 : 2018/05/05 19:59  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さくらさくら 耐え得ぬものを耐えてきて 汝と会う日の信じ難さよ

豊かさは花色の奥の愛の意よ そを告ぐために花は開けり

花開く 固きつぼみのほころびて 世々を清むる意思ぞ生まるる

人よ見よ 愛の色なる花の色 切なきほどのやさしき色を

悲しみを救い尽くさんというごとく この春もまた花は生まれり

花の意のやさしく寄せ来る花の夜 無二なる救いの今ぞ世にあり

花の意よ この世になかった善なる意 我が絶望を慰撫するごとく

花の意のやさしき気配漂いて 四月の魔法に世々はかかりぬ

花開き 幻の刻現るる 幻色とは薄紅の色

やさしくてただやさしくて桜花 人は汝の真を知らず

花の声 花の気配の世にありて 花のやさしさ噛みしめている

花開き どこにもなかった花の色 見る度に目を開かされてる

あまりにもやさしき気配世にありて 人は知るのか花の心を

ささやいて花ささやいてほほ笑みぬ 地獄の向こうに天はありしと

花森の展ける今日のうれしさよ つらければつらい冬だったほど

花森という幻の美がありて 人は奇跡を体験している

やさしさの極みの花はこの春も 世々の悲しみ清めんと咲く

さくらさくら 称えても尚称えても 汝のやさしき愛は尊し

花よ花 揺るる豊かなその枝に 無限の善意込められている

花の門 この春もまた開かれぬ ただやさしかるただやさしかる

幻の国に永久なるその花は 現に一刻現れ出でぬ

ほほ笑んで花ほほ笑んで揺れにけり 我が全霊の憧憬の花

善意とは桜の咲ける薄紅の無尽の無垢の花であるなり

奇跡なる薄紅の花今日ぞ咲く 人生かしむるその美その善

薄紅の花はたわわに揺れながら 無尽の善意捧げ続けり

桜咲く 奇跡の今のこの時よ 越えられなかった冬を越えきて

薄紅の無尽の花のその奥に 無尽の善があふれいずれり

花よ花 汝の善は1年を生きる力を与えているのか

さくらさくら さやかに揺るる花色は 最も清き愛の色かな

さくらさくら 汝この世の主たれ 汝が意にそぐう者でありたし

花よ花 その麗しき花枝もて 全霊に善を放ち給へり

花よ花 汝永久なる故郷は 美しすぎて人には行けぬ

花慕う思い強くば強いほど この世にそぐわぬ者でありけり

さくらさくら いつまた汝と会えにけり 幾百年の思いなりけり

花よ花 永久に咲け永久に 人の願いはいつも叶わじ

花ある日 二度なき奇跡のこの時よ 夢見るごとき春の一刻

花よ花 永久を表すその色よ 善を信じていいのか桜

花よ花 世にも美しきその色よ 美しきものの世にぞはかなし

花よ花 この世にありしかこの夜も 何世経っても忘られぬ夜

桜とは世にも美しきその花を全霊の愛に咲いて見すなり

花国のはかなき色のあえかさよ 愛らしきものの世にぞはなかし

愛らしきその花色は全霊の愛に輝き愛を告げにき

花色は愛を表す色なりき 悲しきほどに全霊に咲く

桜花 無二にやさしきその花は 苛烈なほどに全霊に咲く

花色や 世には短きその色は 世に永久なるはなきを示せり

花色の切なきほどのやさしさは 豊かながらもはかなかりけり

花色のつかの間なりき一生は何世分もの思いを込めて

花よ花 その薄紅の花奥に我が魂を永久に匿え

花よ花 冬の終わりに咲く花は 世の終わりにも咲き誇るだろう

称えても尚称えても桜花 称え尽くせぬ花の色かな

花よ花 我が魂の故郷よ あふれいずれる永久の愛

花よ花 我が魂の最奥に永久に刻めよその美その善

さくらさくら 汝が咲けるこの季節この時だけに我は生きたし

さくらさくら はるけき色の薄紅よ この修羅の場に今しばしあれ

さくらさくら 永久の間に間の一刻に 至善至高の美を展くなり

花の色 その薄紅の神秘とは 豊かで清く深きその愛

花の夜 音なく散れるそのさまに 我は心の目を澄ませおり

花よ花 汝この世にある今よ 何世分もの願いの成就

花よ花 世にも稀なるその色は 世にも稀なる愛の色かな

桜花 あふれいずれるその愛を 惜しむ事なく人に注げり

雪崩たる桜の無尽の花びらはあふれいずれる愛の奔流

花よ花 あふるる愛の不思議とは 人の悲しみ悲しむがため

永久に忘れ難かる花の色 さくらさくらはるけき色よ

花よ花 その愛の色は現より 最も遠き色でありけり

ふくふくと桜は今日も愛の色 惜しむ事なく展き見せたり

どこまでもどこまでも咲け桜花 現を愛の色に染めてよ

はかなかるはかなかる色の薄紅は やさしい花の愛の色かな

つかの間の美しき花と見するのは 人世にあらじ天意なりけり

花よ花 永久にあってほしいもの これ以上やさしきものなどなくて

我汝 救い足りぬというように 花は無数の花を称える

花愛す心以上に桜花 大きな愛を返してくれる

憧れの愛の色なり桜花 永久を我と契り給へよ

あふるるは愛の意なりき桜花 人にほほ笑み人を慰む

日暮れれば紫に煙る桜花 汝の万化を見つめていたい

日暮れても吾と共にあれ桜花 我が魂は汝のものだ

願わくは散り給うなかれ桜花 汝の永久に我は棲みたし

さくらさくら 散りゆきおるか散りゆくか 汝の全てを我は肯う

美しきものほどはかなし桜花 汝の愛よ汝の色よ

桜花 この春も愛を咲き誇り 人の心を愛で満たせり

花の色 この上もなくやさしくて 人の望みの最上の色

桜花 この春もまたほほ笑んで 人の心に愛を残せり

散り桜 吾と遊んでよ永久に 別れの時も花は美し

散りゆけど散りゆけどまだ花ありて さくらさくら思いを残す

花よ花 汝この世にあと何度 汝の愛を教え給ふか

散りながら花は残っていてくれる 何に例えんその慈しみ

桜花 あともう少しと我に愛 届けてくれる愛深き花

はるかなる国に還るか桜花 はるかな国より愛を届けて

救いなき者いる限り花は咲く やさしき花の愛の荘厳

散りながら花はやさしくささやきぬ 我が愛いつも汝のそばにと

脆かりし人の心を知る花は 世にもやさしく人を包める

花の終 天地に淡い薄紅で 我を包みて歩ませ給う

やさしさよ 桜の花のやさしさよ はかなかれども豊かなりけり

さくらさくら 汝を追ってゆきたくて 肉を持つ身がうとましかりし

もうじきに汝を追って我も行く 花よ花よ我を忘るな

雪のごと 花は散るらん花の終 無二なる愛を人に教えて

ありがとう 散りゆきながら教えけり 花なる愛は世々にありしと

褪せながら遠のきながら花は告ぐ 汝を永久に吾は見守ると

花の愛 我永久に忘るまじ 全霊に咲き教えし愛を

花の終 消えゆきながら全霊に 永久の愛我に教えん

花の美は はかなかれども全霊に 面影残す永久の愛

名残り花 散りゆきながらその花で 人を包まん薄紅の愛

薄紅の色は天地に名残り花 ただやさしかるただやさしかる

花よ花 汝を引き止める術はなく また吾を置いて消えてゆくのか

薄紅の花よ最愛なる花よ 我を連れゆけ汝の国へ

花よ花 かすかに花の名残りつつ やさしき愛の面影残す

花の終 花消えれども聴こえてる はるかなる花の遠き呼び声

面影を残して花の消えゆくも 花との絆決して絶えまじ

花の終 吾はまた独り残されし 花の残像胸に残りつ

花色の夢を見ていた花の時 またも夢へと還ってゆきし

花よ花 名残りの花を降らしめて やさしき思い枝に残せり

まだかすか 名残りてくれる桜花 さくらさくら永久の交歓

はるかなる花の呼び声聴こえてる 汝の思い決して忘れじ

薄紅の花の思いに埋もれたし さくらさくら最愛の花

花のあと 寂しき我の足元に 何処より来れりひとひらの花

ゆっくりとさよならを告ぐ桜花 やさしきものとの別れはつらい

花のあと やさしき面影残りけり 夢への通いじ細くなりゆく

花国へ かすかに門は開かれて 我を導け我を導け

まだ名残る花は交通手形なり 花の国への花の国への

花びらは雫のように名残りたり 我を誘えよ迷いなく行く

花よ花 私の声が聴こえるか 遠く去りゆく汝の気配

花のあと 風の間に間のあちこちに 踊っているよ別れの花が

花の終 最後の花を降らしめて 我を包まん永久を契りて

花冷えの日に花に別れ告げに来ん 花国への門閉ざされにけり

花国へ道は閉ざされけりにしが やさしき気配名残りたりけり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年のさくらうた さくらうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる